オススメリンク

神社参拝

初詣、羽賀ヒカルさんオススメの神社へ行ってきました。

その前に「伊勢の神様」と「出雲の神様」の書籍を読んで。
この二冊、神社参拝にすっごく参考になることがギッシリ詰まっているんです。

羽賀ヒカル さん 【伊勢の神様】「運命を変える神社参拝法」より


内宮の正宮で必死に
「お金が儲かりますように」
「あの子とつきあいたい」
とかスケールの小さいお願い事をしてもあまり意味がない。


財布を盗まれて首相官邸にお願いに行っても相手にされない。
財布を盗まれて困ったなら交番へ行く。


スポンサーリンク

※以下、一部抜粋要約した内容です。

*************************

天照大神が祀られている内宮の正宮は、個人の開運を願う社ではない。

「国の弥栄」を、祈るところ。
正宮は、日本の国土、全人類が末永く幸せであるようにとみんなの幸せを祈る場所。

普段関わる人達全ての人の幸せを祈る。

この内宮の正宮で必死に
「お金が儲かりますように」
「あの子とつきあいたい」
とかスケールの小さいお願い事をしてもあまり意味がない。

*************************

神社の神様にも現実と同じような組織構造がある。
内宮の天照大神を日本の神社界における総理大臣とすると内閣を組織するのが別宮、摂社に祀られている神々。

末社はその下にある地方の行政のようなもの。

もし、あなたが街で財布を盗まれたとする。
普通は街の交番に行く。

でもその時、
「財布を盗まれた」と首相官邸を訪ねても相手にされない。

正宮で個人的なお願いをするのはこの「空気が読めてない感」がある。

*************************

「摂社」や「末社」などの小さい社は具体的で細々とした個人的なお願いを聞いて頂くのはとても向いている。
「内宮」や「外宮」の高次元の神様に比べると「摂社」や「末社」にはより身近な神様たちがお祀りされている。

人間に次元が近いので、小回りが利き短いスパンで功徳を頂ける。

暮らしの中で例えるなら、「トイレの修理」というような緊急時、
大手よりも街の水道屋さんに頼むほうが早い。

「摂社」や「末社」にはそれぞれ専門的な働きがあるので、
「このお願いはすぐに聞いて欲しい」という具体的な事は実現が早い。
出来る限り、その神様の働きを調べてからお参りしましょう。

そしてお願いを具体的に。
なんとなく思い浮かべてるのでは神様も動きようがない。

*************************

神社に行くと心が洗われるから、スッキリするから。
という理由で行くのも全然あり!だと思いますが、
羽賀ヒカルさんは更に、神様とつながる方法を書籍や動画で詳しく教えてくれてます。

是非、読んでみてください!

以下、今回初詣に行った氷川神社です!

全然人が居なくてガラガラでした!

ブログランキング参加中です。

♡イイネと思ったらクリックお願いします♡
ブログランキング参加中
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする